紫匂ひし武蔵野の野辺に
リゼちゃん…あぁリゼちゃん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【一品料理】近鉄特急

このカテゴリ初の鉄道ソングにして(まさかの)関西私鉄ネタw




【曲名】近鉄特急
(一部で「近鉄のうた」などと表記されてるがあくまで別の曲なので注意)
【歌手】Yuuko
【歌詞】うたまっぷ.com



元々は1961年に三木鶏郎作曲・楠トシエさんが歌ったもので、
同じく三木さんが作曲した「小田急ピポーの電車」にも雰囲気が通ずる曲調でした。
(ってか、作曲者が同じって知ったのは実はこの記事の為に調べてる最中…←)


一方で今回貼ったのは1980年になって津野陽二さんの手でアレンジされたもので、
(ちなみにようつべには津野氏自ら投稿したものがあります。)
「80年代らしい、新しい雰囲気で」というイメージで作られています。
そのイメージに違いなく、オフボーカルverがグループCMで使用されたりと、
広大な路線網を誇る近鉄において地元住民にとっても親しまれる曲となります。
確かに原曲に比べてこっちの方が曲調が明るい&疾走感ありますよね。


歌詞はイメージソングらしく、近鉄沿線に住む父親・母親、そして子供が
近鉄で通勤・近鉄百貨店でお買い物・近鉄で遠足…と、
生活に近鉄が密接に接してる様子が描かれていますが、
ここでちょっと注目なのが3番の歌詞。

「僕の電車は近鉄で名古屋 奈良へ 大阪へ

…近鉄沿線の主要拠点を考えると、「あれ、京都は?」ってなりますよね。
果たしてこの一家は京都近郊に在住なのか…?


実は原曲が作られた1961年当時、現在の近鉄京都線は
「奈良電気鉄道」という別会社だったのですね。
(近鉄に合併するのはその2年後、63年)


一見何の事も無いイメージソングでも、よくよく聞いてみると
近鉄路線の成り立ちが端的に表れているという面白い例でもありますね。


当時国内で珍しかった2階建て車両であるビスタカーを
曲中で「ダブルデッカー」等と言わず、「二階の電車」と言い表していたりする等、
原曲の時代背景をそれとなく偲ばせながらも
80年代の、特にバブル前らしいメロディーにアレンジされた本曲、
保線作業用BGMに是非加えてみては如何でしょう?
スポンサーサイト

【一品料理】Eを探す日常

梨穂子の曲を出したら、次は当然(?)
リゼちゃんの曲を出すべきなのかな…とか思ったり(





【曲名】Eを探す日常
【歌手】天々座理世(種田梨沙)、桐間紗路(内田真礼)
【歌詞】歌ネット



シャロちゃんが憧れのリゼちゃんとペアで歌うというこの曲、
正直初めて聞いた時には「この2人にしてはアップテンポな曲だなぁ」
と新鮮に思ったものですw


「そう、戦いなんだよ~」の下りは明らかにリゼちゃんの心の中が現れてますね。
それにシャロちゃんが「そう、戦いなんです」と答える
コミュニケーション的な流れなのが特徴ですよね。

その後の部分、「本当はもっと乙女で居たい」
リゼちゃんの胸中、
「本当はもっとリゼちゃんに付いていたい」
シャロちゃんの胸中。
この2つが重なって歌詞に表れているのが面白いです。

他にも
「ひとりぼっちじゃないと解りかけてきた~」、
「飾らなくていいと解りかけてきた~」
という、2人それぞれの今までから一歩前へ出ようとする雰囲気と、
同時に女の子の抱える固有の悩みの難しさを表している部分も良さがあるものです。


サビ以降の雰囲気は、アニメ作中の5人が集まって
少しずつ日常が楽しい方向に変わっていく感情が伺えます。
リゼちゃんのおしゃれ路線もシャロちゃんの素性路線もココアが来てから
表に出て来たものですから、「生まれたての気持ちがさわぐ」のですよねw


「友達ごっこじゃなくて~いっしょにえがお」の部分は
ごちうさという作品そのもののテーマが垣間見えるようで何気に一番好きだったり。
そういう点では劇中歌の日常デコレーションにも共通してますね。


最後はL.O.Vときて、「E」に巡り合わせずに
「探しに行こう」と〆るのも作品のストーリーと合致してる感がありますよね。
だからこそ2人がドキドキして、「恋みたいにときめく」要素があるのですからね。




こういった2人の心と前向きさが染みる歌詞とアップテンポな曲調、
更には2人の可愛い声も加わって、作業用・お出かけ用のBGMには
もってこいな一曲ではないでしょうか。


ってか、最後2人の微笑むような笑い声で終わらせる辺りが憎いというか…
あ~^心がぴょんぴょんするんじゃ^~

【一品料理】星(桜井梨穂子)

さて、
突然ですが、新企画一品料理コーナーを始めます。


このコーナーの趣旨としては、

・管理人が今まで触れた曲の動画を貼って、簡単ながら解説を付けて紹介する
…という感じです。


皆様に御了承頂きたいのは、
管理人は音楽全般に詳しい訳じゃないので、専門的な解説はなるべく避ける点
上記理由もあって紹介するジャンルに偏りがある点

↑主にアニソンや鉄道ソング等、但し時折空気読まず真面目な曲やネタ曲が混ざる場合アリ。
大人の事情により動画が閲覧不能になる場合がある点
…などです。

では、始めて行きましょう。







【曲名】星
【歌手】桜井梨穂子(新谷良子)
【歌詞】歌ネット


最初はやはり梨穂子の曲から行きましょかね…w

2010年にTV放送されたアニメ「アマガミSS」
ヒロインごとに1人4話構成で展開されましたが、
その内紗江ちゃん編と梨穂子編では演出にちょっとした捻りが加えられました。
うち梨穂子編は、
「他ヒロインと異なりクリスマス以降も話が進み、最終的に告白せず終わる」
というものでした。

この脚本には当然ながら主に梨穂子スキーの間では賛否両論出ましたが
(私もはっきり言ってしまえば否定側…w)
この曲はその梨穂子編の最終話で流れた劇中歌です。


梨穂子視点で描かれた曲単体で見れば
「夢の中で純一が出て来たことに嬉しさを隠せない様子の梨穂子」
「例えドジであっても純一への愛情はそれを上回りたい思い」
「二人きりの時間が愛しく、終わって欲しくない切なさ」
「変わらない二人の間の距離の為に頑張りたい梨穂子の気持ち」
等々、如何に純一の事が愛しく、しかし今以上に純一に染まりたい…
そんな梨穂子の乙女心が垣間見える曲です。


そんな曲のタイトルが「星」…
原作スキBESTでは純一が「梨穂子は僕の心を明るく照らしてくれている」
と言っていましたが、そう考えれば夜空を明るく、しかし時に優しく照らしてくれる
星という存在は、梨穂子のキャラソンの題材として相応しいのでしょうね。


アニメの方は梨穂子スキー的に散々(?)でしたが、
(それでも2期の〆とそのOVAで若干評価できる面はあるかな…?)
この曲は弛まぬ一途な純一愛を的確に表しており、
正直、劇中歌止まりにしておくのは勿体ないようなクオリティでもありますよね。
(むしろこっちをエンディング曲に…とか言ってみたり)


無論、カラオケに誘われた際はほぼ毎回歌います(
技量の方はお察しではありますが…(汗




(6/5 歌詞サイトへのリンク追加)

プロフィール

めーり

Author:めーり
リゼちゃんと一緒に2人だけのスクールリゾート部を作りたい人生だった。

リンク希望の際はコメント欄か下記Twitterから一言お願い致します。

TwitterID:@M_e_i_Rize

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Twitter

pixiv(イラストじゃない粗品)

pixiv(ブクマさせて頂いたもの)

紳士入門

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。