FC2ブログ
紫匂ひし武蔵野の野辺に
リゼちゃん…あぁリゼちゃん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いや~キツイっす

気が付いたら5日ほど恒心更新が途絶えてしまいました。

何故かと言えば

リアルというか仕事が余計に実してたのです←




この一週間を振り返ってみると…

火曜はラノベ大量入荷対応

水曜は延期ししてた某作品販売開始で

レジ繁忙

※アニメで千葉モノレールが出てくるアレです。作品とファンに罪がある訳じゃないですが…

金曜はまたしても超入荷対応

そして今日(ってか昨日)土曜は…

やっぱり入荷対応に追われるうえに

繁忙でレジヘルプしつつ、

更に今日発売の商品の特典が準備ない為

合間を縫って準備…

※ビニールに巻いてレジに準備すべきポスターが事務所に束で放置プレイされていた





あ~疲れた。

↑このサイズの文字は初めて使ったゾ


勿論月末は入荷商品が多くなるのは承知なのですが…
ただでさえ迷惑な店頭フェアの対応に追われる中での準備だったので
参りましたです└(՞ةڼ◔)」

まぁそのフェアも今日の客入りの多さにより
無事、景品は配り終わったので一段落ですがね…w



来週は作業量楽だといいなぁ…夏休み繁忙?んなこたぁ知らん。
スポンサーサイト

これからの観光列車を考えてみよう

近年、
「乗る事を楽しむリゾート列車」

の導入が盛んですね。

代表的な例と言えば何といっても、
JR九州の豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」で、
同様な列車の導入計画は東日本・西日本でも進んでいます。


一方でそこまで敷居が高くなくとも、
普通の列車とは異なるサービスを用い、
特定の線区向けに特化したデザイン・内装の観光列車も増えていますね。


こういった着地型の観光列車は五能線の「リゾートしらかみ」以降
徐々に増え始め、特にJR九州では水戸岡氏デザインの観光列車が
多数登場、その後は特に2010年代以降各地で増加しています。


しかし、

気を付けなければいけないのは、あくまで
「普通の列車とは異なる」要素がある事が大事であり、
集客に目が行くあまり同様の列車が増え、結果としてマンネリ化…なんて事は
なるべく避けたいもの。


特に近年誕生する観光列車のパターンとして多いのが
車内でスイーツ料理などを食べるのを主な趣旨とする列車ですが、
沿線ごとに異なる魅力・風景があるとはいえ、主たるメインターゲットが
若者の女性等であれば流行に敏感でもあり、より一層
「飽きられない施策」が求められるのではないでしょうか。…所詮は食堂車の延長線だし




そこで今回は、
「これからの観光列車の設備」をいくつか提案してみましょう
…という企画でございます。
なぁに、別に鉄道会社の人が見てる訳じゃないとかそんなん気にしない




(1)走る列車の中で海水浴

その通りで、列車内に海水プールと模擬の砂浜を設け、
実物の海岸さながらに泳げるようにする。
更に同一編成内に海の家を模した売店などを設置すれば
実物の砂浜同様に海水浴が楽しめる。
ついでに、チェスやオセロ等ができる台をプールの縁に設ける
より様々な楽しみ方ができる。

海へ行く事を意識した列車は多々あれど、
この列車は逆の発想で「車内に海を持ってくる」
所にインパクトがありましょうか。
この場合、敢えて山岳路線で走らせてみても
面白いかもしれません。


課題としてはやはり設備の管理・維持でしょうか。
特に海水を用いるとなれば、車体や内装への腐食の影響が
大きくなることは必至なのかもしれないですね。
また、車内スペースの問題もあり、実際には
「とれいゆ」の様な普通の水を用いたプールとして設置するのが落としどころか。




(2)走る列車の中で茶道

列車全体を畳敷きとした茶室風に仕立て、
当然ながら囲炉裏や掛け軸などでより茶室らしさを盛り上げる。
専門の講師が添乗し、走り去る風景の中で
立ち振る舞い等の作法を気軽に学んでいく。
更に近年は男性の茶道体験者が増えているのもあり、
茶道に詳しい女の子が専任講師として乗車してるとより人気かもしれない。
車内でオリジナルデザインの茶道具を販売して
増収に繋げるのも良いかもしれませんね。

また、例えば京都近郊(嵯峨野線や奈良線など)で運行すれば
訪日外国人客から注目されるかもしれないし、
修学旅行生の体験の一環として学校が貸し切る…
という使い方も出来るかもしれない。


「揺れる列車内で作法を学ぶのが適切なんか?」
という疑問があるものの、今回用意した案の中では
割と実現性が高い…気がする。






(3)走る列車の中でソープランド
HENTAI国家JAPANが世界に誇る風俗店、ソープランドを列車内で
営業するというもの。
予め列車毎に乗務(?)する風俗嬢を定めて乗車券と合わせて指名、
車内は当然、全て相応の設備を設けた個室とし、
スケベ椅子、マットサービスなどのお馴染みのプレイを
列車内で行う事により、通常のソープよりも一層乗客の
興奮度が高められるのが売り…なのかもしれない。

無論、場合によってはベットも設け本番行為に至る場合もあり、
その際はサービス料によって得られる収入が高くなるため、
案外と収益性は良いのかもしれない。

内装は窓無しが理想なのでしょうが、
緊急時の脱出なども考慮し(←全裸で避難するの?)
マジックミラーを装備するのもよいかもしれない。
そうすると更なる羞恥プレイに発展する事もあり得る。


課題は何といっても風俗営業法に抵触する懸念がある点でしょうね。
とは言え営業禁止地域に鉄道用地が含まれるのかは不明であり。
ひょっとしたら「抜け道」があるかもしれません。
↑前例があっても困るけどな!





…色々書いてみましたが、結局は素人の提案なので
どれも実現へのハードルが高い
のは否めないですね。
特に(3)がね。

また、幾ら一般の列車にないものを…とはいえ、
普通の建物とは異なり、振動・安全性への配慮が求められる中で
一件ユニークではあっても上記の課題への整合性が難しいと
改めて考えさせられたのでした。
具体的に言うと(3)とかがね。


今回のアイデアと一部の暴走はあくまで素人の虚言ですが、
今後、鉄道各社はこれらの案を上回るような、
ユニークで集客性の高い観光列車を提案できるのでしょうか?
楽しみでもありますね。


※この記事の一部は大人の事情で消える可能性があります。

京急2000形に揺られ

今日は休日だったので、ちょっとお出掛け…という事で。

「そういや京急2000形も廃車が進んでるんだったなぁ」
というわけで、ぷらっと足を延ばして乗りに行ってきたのであります。

【おことわり】
管理人の使用してるカメラがコンデジな上に設定がかなり適当(殴)なので
画像が色々酷いですがご了承下さいませ。




1982年に当時の快速特急用に2扉、クロスシートでデビューした2000形、
後に後任の2100形がデビューすると役目を譲り、3扉化と車端部を除きロングシート
改造が施され、他形式と同じ一般車となりました。

…が、地下鉄乗り入れ不可と速達性に特化した性能が原因で
少々運用が限定され、3扉化時の更新が簡易だったのもあり、
4連を中心に廃車が出てる状態なのです。


そんな説明はさておき、まずは品川へ降り立ちます。
IMG_2888.jpg
そういや品川にE531系が止まってるのも初めて見ましたね。


2000形の日中のメイン運用と言えば
新逗子方面の✈急行だろう

…という事で特に運用調べずまずは快特で京急川崎へ。
まさかこの後、想像以上に粘る必要が出るとも知らずにw


んでもって川崎到着。
IMG_2893.jpg
↑乗った奴。そういや600以降はあっという間に前面だけフルカラーLEDになりましたね。

IMG_2895.jpg
↑まだまだ主力な1500形。こっちはLED化される気配がないですね。

IMG_2894.jpg
↑京急おなじみのパタパタ。
先発のエア急は6両なので、2000形の運用ではないのが分かる。



…そんな感じで写真撮ったりして2000形を待ったのですが…

正直、思ってた以上に全然来ねぇ。

川崎到着が12:30頃で、そこから1時間ほど
上りも下りもエア急に2000形が来ない感じ。
一応、その後に空港方面で2本続けて2000形が入線したので、運用自体は
されているのが分かって安心ですが、日中の2000=エア急だと信じ切ってた
身にはちょっと想定外でした。

で、その2000形が折り返してくるのをさらに待って…
IMG_2911.jpg
やっと来た(´へωへ`*)
※左にちらりと写ってる銀1000、少々オーバーランして退行してる最中でしたw


IMG_2912.jpg
うひょひょひょひょ(何)


乗車。
ロング化された車内は特に袖仕切りが新型同様の大型の物になっていて
登場時とは大きく異なるイメージ(…って言っても、私もリアルで見た訳じゃないが)
ですが、それでも

IMG_2914.jpg
↑カーテン。普通の通勤電車だったらこんなの付けない

IMG_2918.jpg
↑よく見ると通路側がパイプではなく装飾の付いた荷棚

…などなど、案外面影があったりします。


そんな2000形の雰囲気を楽しみながら、横浜を過ぎて空いていく車内でのんびり。

IMG_2921.jpg
↑先頭部にしがみつく子供。沿線住民に愛されてる証拠(?)

IMG_2922.jpg
↑運転台越しに、一時期私用でお世話になっていた能見台駅を眺める。


この能見台を発車後、沿線風景を眺めてたら…



さっきの子供「あっ、デキだ!」

ワイ「ファッ!?」

デト「三┏(^o^)┛パアアアアンンン」


…景色見てたので当然カメラは構えておらず。ちくせう└(՞ةڼ◔)」


そんなハプニングをこなしつつ(?)エア急の終点、新逗子到着
IMG_2926.jpg
↑最後に1枚とっておきつつ。


乗車した2051Fは折り返し、大勢の団体客を乗せて新逗子を後にしました。
私も徒歩でJRの逗子駅の方へ。

この後は湘南新宿ラインのグリーン車で浦和へ帰宅しましたとさ。


長年、3扉化後は半ば日中ニート状態だったのが
近年になってエアポート急行という、格好の舞台を得た2000形。
懐古厨ではありませんが、1日も長い活躍を期待したいですね。

ちまちまGIMPを弄りながら

今回の記事の内容…携帯で閲覧してる方には殆ど関係ないです。
(スマホで閲覧されてる方も恐らく)



当ブログをPCで閲覧されてる方で、今まで
こんな事を感じてた人、多いんじゃないでしょうか。

やたらと画面の右側が空いてるって。


元々最初はFC2の数あるブログのテンプレートの中から
「トップ画面が弄り易そう」
「雰囲気が落ち着く」
物を選んだのですが、いざ実装してみると妙に空白が…


一応、本文のスペースを横に広げる事も検討していますが、
管理人のスタイルシート編集知識が貧弱な上に、
せっかく作ったトップ画像の修正も強いられる…とあって保留状態。


なので、このスペースで遊んでみましょう
という訳でございます。





元々のテンプレートで使われていた背景画像が
こういう無駄に空白スペースが広いものだったりします。


今回は夏に向けてちょっと爽やかに…という事で。
GIMPで開いて、空白スペースに水色系のフリー背景画像を思いっきり被せます。
これだけでも大分雰囲気がガラリと変わるのですが、
加えて私のTwitterのヘッダー画像宜しく、嫁キャラの背景透過画像も並べていきます。


今回はとりあえず梨穂子とリゼちゃん…それに
@E2336000氏提供の謎ののるるんの3人だけという事にして、
並べるのに必要な縦幅を確保すべく、先述の編集した背景をコピペして縦に長くします。


で、使用するキャラの画像って、どうしても
元画像の兼ね合いで見切れてる部分も多々あるので、
(ネットに出回ってるキャラ画像って特に頭の部分見切れてるの多いよね…しくしく)
配置に捻りを入れるのも兼ねて、立ち絵を斜めに配置。
空白スペースからはみ出る部分はレイヤーの段階で切り取り。
本文の後ろから眺めてる感じにしますw(特に梨穂子がそんな感じ。)

なお、配置する範囲は無駄に横長な空白スペースのうち、
管理人のPCでFirefoxから開いた場合、ちょっと見切れる程度の範囲内
調整しておりますので、閲覧環境によって大きく見切れたり…ってのはあると思いますのでご了承を。
→本日職場のPCでブログ確認してみた結果(←何してんだコイツ)、1900×1200なら見切れない?
いずれにしろ見切れていても「仕様」って事でご了承をw


今回はコウさんのTwitterヘッダーも意識しつつ、
各作品(会社)のロゴも背景透過してレイヤーで追加。
このうち東武のロゴ
「もしCIロゴ導入後も社名のフォントが変わらなかったら」というifを織り交ぜてます。
ってか…社名表記は絶対こっちのフォントが良いと思うんですけど…。


今回作った背景画像は、FC2うp用のpngファイルの他、
GIMPでレイヤーの編集が出来るxcfファイルでも保存。
これによって後から立ち絵の追加諸々が容易に出来ます。

したがって…気分次第でキャラを追加する
事があるかもしれません。




???「またTwitterのヘッダーみたいに雑然とさせる気か?」

管理人「そうでさぁねぇ~?」

※アレはアレでもっと追加したいキャラがあるんだけど…
如何せん追加するスペースが(苦笑)

続きを読む

【一品料理】近鉄特急

このカテゴリ初の鉄道ソングにして(まさかの)関西私鉄ネタw




【曲名】近鉄特急
(一部で「近鉄のうた」などと表記されてるがあくまで別の曲なので注意)
【歌手】Yuuko
【歌詞】うたまっぷ.com



元々は1961年に三木鶏郎作曲・楠トシエさんが歌ったもので、
同じく三木さんが作曲した「小田急ピポーの電車」にも雰囲気が通ずる曲調でした。
(ってか、作曲者が同じって知ったのは実はこの記事の為に調べてる最中…←)


一方で今回貼ったのは1980年になって津野陽二さんの手でアレンジされたもので、
(ちなみにようつべには津野氏自ら投稿したものがあります。)
「80年代らしい、新しい雰囲気で」というイメージで作られています。
そのイメージに違いなく、オフボーカルverがグループCMで使用されたりと、
広大な路線網を誇る近鉄において地元住民にとっても親しまれる曲となります。
確かに原曲に比べてこっちの方が曲調が明るい&疾走感ありますよね。


歌詞はイメージソングらしく、近鉄沿線に住む父親・母親、そして子供が
近鉄で通勤・近鉄百貨店でお買い物・近鉄で遠足…と、
生活に近鉄が密接に接してる様子が描かれていますが、
ここでちょっと注目なのが3番の歌詞。

「僕の電車は近鉄で名古屋 奈良へ 大阪へ

…近鉄沿線の主要拠点を考えると、「あれ、京都は?」ってなりますよね。
果たしてこの一家は京都近郊に在住なのか…?


実は原曲が作られた1961年当時、現在の近鉄京都線は
「奈良電気鉄道」という別会社だったのですね。
(近鉄に合併するのはその2年後、63年)


一見何の事も無いイメージソングでも、よくよく聞いてみると
近鉄路線の成り立ちが端的に表れているという面白い例でもありますね。


当時国内で珍しかった2階建て車両であるビスタカーを
曲中で「ダブルデッカー」等と言わず、「二階の電車」と言い表していたりする等、
原曲の時代背景をそれとなく偲ばせながらも
80年代の、特にバブル前らしいメロディーにアレンジされた本曲、
保線作業用BGMに是非加えてみては如何でしょう?

梨穂子と泊まり掛けで旅行したいゾ…

珍しく4日の間更新空きましたが
↑当初は月1~2回更新目安って言ってたのにねぇ



給料入った…(達成感)



???「ねぇ何この気持ち悪い文字の動き」

大体は食費やら物欲に消えるんでしょうけど、
1回くらいはどっかぷらっとお出掛けしたいですね(果たしてフラグになるのだろうか)




皆さんご存知(?)のように、アマガミの原作ゲームには
会話イベント
ってのがあるんですね。


幾つかの会話ジャンルの手札から話す話題を選んでヒロインのテンションがHiになれば
アタックの手札でご褒美イベントを発動できるっていう紳士おなじみのイベント。


当然、大多数のプレイヤーはアタック目指してテンションHiを狙っていく訳ですが
(プレイ時間の制約とかもあるしそうなりますよね)
そうすると大体はテンションHiの会話が埋まってレベルアップとかしない限り
アタック発動までの流れで通過していくだけ…になりがちだったり…。


そこで、テンションLowであっても、結構面白かったり2828する会話を
拾ってみましょうか…というお話←


今回の題材は
梨穂子スキLowより。
梨穂子のスキ会話って、実はHiと同じくらい、Lowにも思わずにやける会話があるのです。


…例えば、1ターン目の3枚目の手札、
異性にされたい事って何かある?(1:35~)とか。

この…梨穂子の心の奥に秘めた野望…うひょひょ
↑よ~しボクだってしてあげたい事いっぱいあるから頑張っちゃうZO!


他にもカップルが多くなったという話題に
「出来れば私も…」と純一の前で顔を赤らめたり(10:15~)、
梨穂子をじっと見つめる純一に
「そうやって見つめられるとドキドキする」なんて言ったり(10:40~)…


あ~^最高じゃ^~


ぶっちゃけスキLow、梨穂子の会話モードで2番目に楽しいゾ…
(トップは同じスキのHiね。こっちも良作揃い)





…中でも一番好きなのは最後の5ターン目の1枚目の手札の
「男子と旅行に行く時に嘘をつくのか」という問いかけ(8:50~)でしようか…。

問いに対して、ナチュラルに
「多分私も…」と言いかけ、純一にツッコまれて赤らめる梨穂子。

そして
「純一はうちでも信用されてるから嘘つかなくても大丈夫だよ」
と明言する梨穂子。










…これ絶対付き合ってるんだよね?
※告白前です


なんていうか、
流石梨穂子から純一情報が絶え間なく流れる桜井家、
そして梨佳おばGJ!…って感じですw


…よ~しパパ興奮してきたから
そのうち旅行に行くSSとか書いちゃうぞ~(蹴


まぁすぐに書く訳じゃないのですが(ぇ
書きたい欲だけはマシマシなので
その内このブログでやろうかなとか考えてます←

ちなみに、旅行先は○○がいい…なんて意見があったら
コメント欄にお寄せ下さいませ。書く際の参考にします(反映するとは言っていない)
※出来れば固有の場所ではなく大まかなカテゴリ(温泉とかテーマパークとか)が嬉しいかな…




何にせよ今までSSという形で妄想をぶちまげ記した事が無いので
未熟な文になるかもですが
乞うご期待くださいませ。
続きを読む

【一品料理】Eを探す日常

梨穂子の曲を出したら、次は当然(?)
リゼちゃんの曲を出すべきなのかな…とか思ったり(





【曲名】Eを探す日常
【歌手】天々座理世(種田梨沙)、桐間紗路(内田真礼)
【歌詞】歌ネット



シャロちゃんが憧れのリゼちゃんとペアで歌うというこの曲、
正直初めて聞いた時には「この2人にしてはアップテンポな曲だなぁ」
と新鮮に思ったものですw


「そう、戦いなんだよ~」の下りは明らかにリゼちゃんの心の中が現れてますね。
それにシャロちゃんが「そう、戦いなんです」と答える
コミュニケーション的な流れなのが特徴ですよね。

その後の部分、「本当はもっと乙女で居たい」
リゼちゃんの胸中、
「本当はもっとリゼちゃんに付いていたい」
シャロちゃんの胸中。
この2つが重なって歌詞に表れているのが面白いです。

他にも
「ひとりぼっちじゃないと解りかけてきた~」、
「飾らなくていいと解りかけてきた~」
という、2人それぞれの今までから一歩前へ出ようとする雰囲気と、
同時に女の子の抱える固有の悩みの難しさを表している部分も良さがあるものです。


サビ以降の雰囲気は、アニメ作中の5人が集まって
少しずつ日常が楽しい方向に変わっていく感情が伺えます。
リゼちゃんのおしゃれ路線もシャロちゃんの素性路線もココアが来てから
表に出て来たものですから、「生まれたての気持ちがさわぐ」のですよねw


「友達ごっこじゃなくて~いっしょにえがお」の部分は
ごちうさという作品そのもののテーマが垣間見えるようで何気に一番好きだったり。
そういう点では劇中歌の日常デコレーションにも共通してますね。


最後はL.O.Vときて、「E」に巡り合わせずに
「探しに行こう」と〆るのも作品のストーリーと合致してる感がありますよね。
だからこそ2人がドキドキして、「恋みたいにときめく」要素があるのですからね。




こういった2人の心と前向きさが染みる歌詞とアップテンポな曲調、
更には2人の可愛い声も加わって、作業用・お出かけ用のBGMには
もってこいな一曲ではないでしょうか。


ってか、最後2人の微笑むような笑い声で終わらせる辺りが憎いというか…
あ~^心がぴょんぴょんするんじゃ^~

お隣さん、とは

ちょっとタイムリーなので、
管理人にしては珍しく政治の話でも。


※ってか管理人って実の所、アマガミや鉄道関連でTwitter検索してて
ヒットしたアカウントが右とか左とか関係なく政治色多めだと「臭さ」を感じて敬遠するタイプなんですが…まぁ←




例の池上さんの番組でも思いっきり指摘されてたけど、韓国の方って
怨みを持っているというか、恨む理由を探してる感があるよね。

ってか粘着質だね。

仮にも抗議活動の目的自体に正当性があるとしても、
相手国(要はこ↑こ↓)の首相写真を燃やしてる様子が思いっきり報道されるような国が
国際社会で協力を得られるんでしょうかね…。


もちろん魅力はいっぱいある国だし(観光的にも鉄的にも)、
出来るなら仲良くしたいのはありますが。


あそこまで国民挙げて竹島の領有権主張されたり(※)
決して対立的ではない首相の発言に食いつかれちゃ…


少なくとも私だったら関係保つの精神的に無理よ(´A`)

…という、TVをサッと流し見しての雑感であった←



(※)んでもってこっちの国で同じ活動やろうという機運が芽生えたらどっかの界隈から色々言われるんだもんなぁ…

【一品料理】星(桜井梨穂子)

さて、
突然ですが、新企画一品料理コーナーを始めます。


このコーナーの趣旨としては、

・管理人が今まで触れた曲の動画を貼って、簡単ながら解説を付けて紹介する
…という感じです。


皆様に御了承頂きたいのは、
管理人は音楽全般に詳しい訳じゃないので、専門的な解説はなるべく避ける点
上記理由もあって紹介するジャンルに偏りがある点

↑主にアニソンや鉄道ソング等、但し時折空気読まず真面目な曲やネタ曲が混ざる場合アリ。
大人の事情により動画が閲覧不能になる場合がある点
…などです。

では、始めて行きましょう。







【曲名】星
【歌手】桜井梨穂子(新谷良子)
【歌詞】歌ネット


最初はやはり梨穂子の曲から行きましょかね…w

2010年にTV放送されたアニメ「アマガミSS」
ヒロインごとに1人4話構成で展開されましたが、
その内紗江ちゃん編と梨穂子編では演出にちょっとした捻りが加えられました。
うち梨穂子編は、
「他ヒロインと異なりクリスマス以降も話が進み、最終的に告白せず終わる」
というものでした。

この脚本には当然ながら主に梨穂子スキーの間では賛否両論出ましたが
(私もはっきり言ってしまえば否定側…w)
この曲はその梨穂子編の最終話で流れた劇中歌です。


梨穂子視点で描かれた曲単体で見れば
「夢の中で純一が出て来たことに嬉しさを隠せない様子の梨穂子」
「例えドジであっても純一への愛情はそれを上回りたい思い」
「二人きりの時間が愛しく、終わって欲しくない切なさ」
「変わらない二人の間の距離の為に頑張りたい梨穂子の気持ち」
等々、如何に純一の事が愛しく、しかし今以上に純一に染まりたい…
そんな梨穂子の乙女心が垣間見える曲です。


そんな曲のタイトルが「星」…
原作スキBESTでは純一が「梨穂子は僕の心を明るく照らしてくれている」
と言っていましたが、そう考えれば夜空を明るく、しかし時に優しく照らしてくれる
星という存在は、梨穂子のキャラソンの題材として相応しいのでしょうね。


アニメの方は梨穂子スキー的に散々(?)でしたが、
(それでも2期の〆とそのOVAで若干評価できる面はあるかな…?)
この曲は弛まぬ一途な純一愛を的確に表しており、
正直、劇中歌止まりにしておくのは勿体ないようなクオリティでもありますよね。
(むしろこっちをエンディング曲に…とか言ってみたり)


無論、カラオケに誘われた際はほぼ毎回歌います(
技量の方はお察しではありますが…(汗




(6/5 歌詞サイトへのリンク追加)

ワン!ワン!ワン!

管理人が働いている書店という場所に貼ってあるポスターは、
大体の場合、出版社から送られたり頂いたりしたものだったりする。

時折、店内にモニターを置いてPVを流したりしてる場合があるが、
同じく出版社…あるいは作品に関係する制作会社から頂くものである。

さて今回は、職場で流しているとあるPVを紹介しよう。
題して、「HJ文庫放送部」


このPVはHJ文庫を出版しているホビージャパン自ら制作しているもので、
今年3月からきっかり毎月1回(!)文庫の新刊発売日に合わせて送られてくるもので、
大まかな流れとしては、出演者である加隈亜衣さんとかいうという声優さんが
その月の新刊を紹介したりなんか茶番をやったりするPVである。


「声が微妙に新谷良子さんっぽいなー」「無駄にハイテンションだなぁ」とか、
仕事中に聞いてて思うのはその程度なのだが…




今月はちょっと事情が違った。


まぁとりあえず、実際の映像を見てみましょうか。



…まぁいつも通り新刊のストーリーを説明したり、
何でか爆弾処理をさせられたり
↑加隈さんのツッコミもご尤もです。何で途中から処理任せんねん。


…そんな感じなのはいつも通りですが、
問題は最後の〆よ。具体的には8:10以降の部分




お別れの挨拶でくじを引いて、
犬の真似で別れの挨拶をするんですが…
↑犬だよ、ヨツンヴァインになんだよこの野郎。あくしろよ。






<以下、いらない台詞再現>

ワン、ワン!

アンッ、アンッ!

アッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアンッ!

アンアンアンアンアン…


※しかも最後でしれっと普通のテロップを出しながら





あの、フロアでこれ流すと

結構響き渡るのよね。

↑何犬の癖にお前服着てんだよこの野郎、おい



同僚の間でも、
アレ何とかならんかねぇとか言われたり…
なんか犬っぽくねえな。なあ?なんか足んねーよなぁ?お前首輪してもらうか、なあ。おい中田、お前首輪してやれよこの野郎。


しかし、かと言って音量を下げれば
肝心の新刊説明部分が聞こえなくなってしまうではないか。

よーし、お前らよく見とけよ?おう…


…HJの担当者さん、悪いことは言いませんので、
来月は健全なお題の用意をお願い致します(迫真)
ん?気持ちいいか?なあ?


あー…今月末までこのPVを毎回聞くのか…

プロフィール

めーり

Author:めーり
リゼちゃんと一緒に2人だけのスクールリゾート部を作りたい人生だった。

リンク希望の際はコメント欄か下記Twitterから一言お願い致します。

TwitterID:@M_e_i_Rize

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Twitter

pixiv(イラストじゃない粗品)

pixiv(ブクマさせて頂いたもの)

紳士入門

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。